レシピ動画

レシピ動画バックナンバー一覧

お鍋一つでアッという間に出来上がるカンタンレシピ。
寒い冬にはピッタリです。

豚肉、白菜、ほうれん草、ねぎを合わせて疲労回復、皮膚や粘膜の強化!
体をしっかり温めて風邪予防にも!!スープも全て飲み干せます。

豆乳には大豆たんぱく質、イソフラボンが多く含まれ女性に嬉しい栄養がたっぷり!
また気管支を丈夫にして、咳を鎮めるなど、寒くなる季節に欠かせない食材です。

冬に旬を迎える鱈や大根は消化に良く、大根は喉の不調や風邪の予防にピッタリ!
春菊や柚子の香りも一緒に楽しみましょう!

寒くなる冬の季節にピッタリ。血行促進を促す牛肉を甘辛く煮詰め、柚子や生姜の爽やかな香りと一緒に、温かくゆったりとお過ごしください。
年末などには、ちょっと変わった年越しそばでもお楽しみください。

営養力豊かなネバネバの山芋をふわふわの団子にしました。
すり下ろすことで胃にも優しく、夏で疲れた胃腸に優しく働きかけます。

真っ赤に熟したトマトをふんだんに使って体のほてりを解消!暑さ対策の爽やかな麺です。
みょうがは食べる直前に盛り付けるとシャキシャキ感が残って美味しさUPです!

旬の夏野菜を細かく刻み、オクラのネバネバで栄養満点!
食欲のない暑い日にピッタリ。

体内の熱を逃がしてくれるトマトやなすに、ビタミンたっぷりのパプリカなどを無水調理した栄養満点の養生食で夏を元気に乗り切りましょう!

この時期の旬の食材「タケノコ」。シャキシャキした食感が春を感じさせてくれます。
もっちり食感のハチニそばと、さっと茹でたワカメと一緒にお楽しみください。

味の良い新ごぼう。少し柔らかいのでサッと茹でてお楽しみください。きんぴらは鶏がらスープであっさりと仕上げます。

温活食材と言われている鶏肉、生姜、ねぎ、そして旬のかぶをコトコト煮込んだ栄養満点の具沢山スープで、胃腸をしっかり温めて風邪予防!

秋の味覚、山芋となめこをたっぷり使って寒くなってきたが冷え切ったときにピッタリ!

お洒落な和風パスタ風にアレンジ!トマトと鯖缶は相性抜群なのでオカベの麺が大変身!太めの麺なので、具材と絡んで食欲増進!

食欲のない暑く疲れた時にぴったり!さっと湯がいたお肉と野菜で栄養満点!サッと手軽に作れるレシピです!

春の旬のあさり。大きく育ったプリプリのあさりは、栄養満点で出汁がきいているので細めの極細めんを温麺にするとツルツルもっちり!

寒さ厳しい頃でも、栄養たっぷりの海鮮と、旬の早生キャベツの鮮やかで甘みがありシャキッとした食感が美味しく、体もポカポカ!

寒い日には食べ応えがあり、もっちりして少し太めの麺たいがピッタリ!
さらに、辛みのあるキムチとニラが体の芯まで温めてくれます。

栄養満点のかぼちゃ、大根、人参、しいたけ、玉ねぎは薄切り、ごぼうなどをお好みに合わせてゴロゴロ入れてお楽しみください。

徳島県の最高級地鶏『阿波尾鶏』のエキスを塩味でまとめました。
まるで塩ラーメンのような感覚でお楽しみいただけます。

白菜の酸味が麺と一緒に炒めることによって、丁度いいアクセントになりちりめんじゃこの食感も相まって食欲が増してきます!

冷蔵庫の残り物の野菜をたっぷり使って栄養満点!
徳島県の最高級地鶏『阿波尾鶏』のエキスが野菜によくあいます!

ビタミン、ミネラルたっぷりの小松菜と、たんぱく質の豊富な卵をかに玉に!
さっと作れて風邪予防にもおすすめです!

オカベ家定番の里芋!ゴロゴロ入って食べ応えもあります。
たっぷりの出汁と一緒に食べると体ポカポカに!

縁起のいいれんこんに、柔らかい磯部をはさんで揚げました。
れんこんは風邪の予防にも良いとされているので、季節の変わり目などにお楽しみください!

秋の旬を詰め込んだあっさり麺。低エネルギーで食物繊維たっぷりのきのこ類とさっぱりしたすだちと一緒に秋の夜長をお過ごしください。

オリーブオイルで炒めて和風スパゲッティ風に!
秋の味覚、エリンギやしめじなどをたっぷり炒めるだけ!

山口県の名物『河そば』をオカベの手延そばで作ってみました。
炒めたそばと夏野菜がぴったり!夏バテ知らずです!!

暑い夏の栄養補給にはやっぱり「うなぎ」!
タレ付のうなぎを買ってきて炙るだけで豪華な逸品に!

栄養満点で高タンパク!疲労回復にいいと言われているタコと夏野菜で彩り鮮やかに!ごま油を少し入れた冷やし中華風です!

オカベ家、夏の定番「ツナとトマト」!サッと作れて美味しいです!
食欲のない夏でも、さらっと食べてしまいます!

麺と納豆?と思ってましたが、オクラと納豆の粘り気も抑えられ栄養満点!
しかも梅干の酸味もさらに食欲をそそります!

宮崎県の定番『冷汁』を少しサラッとさせつけ麺に合うようにアレンジしました。
食べ応えのある鯖缶やもめん豆腐や、きゅうり、みよう、生姜がなど薬味もたっぷり!

オカベから少し山に入ると急斜面の山々がそびえ立っています。
日当たりの良い場所でしっかり育った昔懐かしいぜんまいをたっぷりお楽しみください!

寒い時期に栄養をため込んだ春野菜をシャキシャキもかき揚げに!
シンプルですが麺の美味しさもしっかり伝わります!

岡部家の冬の定番。お母さんが作る愛情たっぷり、栄養満点のそば米雑炊。
徳島県の山間はみずはけが良くお米が育たなかったことから蕎麦の実を食べる風習があるのです!

嵐の相葉くんが出ている『相葉マナブ』でも紹介されたふし麺です!
いつものお汁にふし麺を入れるだけで食べ応えがでるので、是非お試しください。

揚げ焼きにした茄子としし唐に、たっぷりの薬味で夏の栄養補給!
少し濃いめの出汁なので、暑い日にはピッタリです!

《冬》ふし麺たまご汁

《冬》ふし麺たまご汁

材料:2人前【ふし麺】

121kcal(一人分)

  • ふし麺 40g(ふたつかみ程度)
  • 卵 1個
  • 青ねぎ(小口切り) 適量
  • 水 2カップ
  • オカベの万能しょうゆ 大さじ1
  • こしょう 少々

作り方

  1. 鍋に水を入れて沸かし、ふし麺を入れて4〜5分茹でます。
  2. 万能しょうゆ、こしょうでスープの味を調え、溶き卵を流し入れます。ふわっと卵が浮かんだら、青ねぎを散らします。

《冬》常夜鍋うどんすき 【半生うどん(麺たい)】

《冬》常夜鍋うどんすき【半生うどん(麺たい)】

材料:2人前【半生うどん(麺たい)】

797kcal(一人分)

  • 半生うどん 2/3袋
  • ほうれん草 1把
  • 白菜 3~4枚
  • 白ねぎ 1本
  • 油揚げ 2枚
  • 豚しゃぶしゃぶ肉 250g
  • 片栗粉 適量
  • 〈A〉
    オカベの万能しょうゆ 大さじ4~5
    水 3・1/2カップ
    酒 大さじ2
  • 青ねぎ(小口切り)、生姜(すりおろし) 各適量
  • 柚子胡椒 適量
  • ポン酢 適量

作り方

  1. 野菜、油揚げは食べやすい大きさに切り、豚肉には片栗粉を薄くまぶします。
  2. 鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、麺を袋の表示より少し固めに茹で、流水でもみ洗いして、しっかり水気を切ります。
  3. 土鍋に〈A〉を沸かし、白菜、白ねぎ、油揚げを入れて4〜5分煮込み、豚肉を入れて色が変わったら、ほうれん草、麺を加えます。(材料は一度に全部入れずに、食べながら追加します)
  4. 鍋用の取皿に取り分け、薬味を添え、ポン酢を少したらしていただきます。

《冬》おぼろ豆腐のひっぱり麺【オカベの麺】

《冬》おぼろ豆腐のひっぱり麺【オカベの麺】

材料:2人前 【オカベの麺】

460kcal(一人分)

  • オカベの麺 2束
  • 〈小丼出汁〉
    オカベの万能しょうゆ 大さじ2・2/3
    酢 小さじ2〜3
    豆乳 2カップ
  • 〈薬味類〉
    青ねぎ(小口切り)
    生姜(すりおろし)
    ラー油
    すりごま 各適量

作り方

  1. 鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、オカベ の麺を袋の表示より少し固めに茹で、流水でもみ洗いして、しっかり水気を切ります。
  2. 薬味類を準備します。小丼を2つ用意し、それぞれに万能しょうゆ 、酢を1人分ずつ入れます。豆乳を鍋に入れて火にかけ、鍋の縁が沸々としたら火を止め、小丼に一気に注ぎ入れ、混ぜずにそのまましばらく置きます。
  3. 別鍋に沸かしておいたお湯で麺を温めます。②に薬味類をのせ、釜揚げした麺をつけていただきます。

《冬》鱈のみぞれ煮麺 【オカベの麺】

《冬》鱈のみぞれ煮麺 【オカベの麺】

材料:2人前 【オカベの麺】

450kcal(一人分)

  • オカベの麺 2束
  • 鱈切り身 2切
  • 塩 少々
  • 片栗粉 適量
  • 春菊 2本
  • 〈A〉
    オカベの万能しょうゆ 1/4カップ
    水 2カップ
    大根おろし 4cm分
  • 柚子皮(細切り) 適量
  • サラダ油 少々

作り方

  1. 鱈は塩をしてしばらく置き、余分な水分を拭き取り、片栗粉をまぶします。春菊は食べやすい長さに切ります。
  2. フライパンにサラダ油をしき、鱈を両面焼きます。鍋に〈A〉を煮立て、鱈を入れて1〜2分煮込み、春菊を加えてさっと火を通します。
  3. 別鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、麺を袋の表示より少し固めに茹で、流水でもみ洗いして、しっかり水気を切ります。/3になるまで煮詰めます。
  4.  
  5. ②に麺を加えて温め、器に盛り、柚子皮を添えます。

【冬の養生:血行促進】ゆずしぐれそば 年越しそば(冬)

【冬の養生:血行促進】ゆずしぐれそば

材料:2人前 【手延そば】

558kcal(一人分)

  • 手延そば 2束
  • ゆず 1個
  • きび糖 小さじ1
  • 生姜 2片
  • 牛薄切り肉 120g
  • 〈A〉
    醤油、みりん、酒 各大さじ1
    きび糖 小さじ2
    水 1/3カップ
  • 〈B〉
    オカベの万能しょうゆ 1/4カップ
    水 2・1/4カップ
  • 青ねぎ(小口切り) 適量
  • 七味唐辛子 お好みで

作り方

  1. ゆずは果汁と袋を取り出し、皮を内側の白い部分をつけたまま薄切りにし、きび糖をまぶしておきます。
  2. 生姜は千切りに、牛肉は食べやすい大きさに切ります。
  3. 鍋に〈A〉と②を入れ、弱火でじっくり煮込み、沸々としたら中火にし、汁気が1/3になるまで煮詰めます。
  4.  
  5. 別鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、麺を袋の表示より少し固めに茹で、流水でもみ洗いして、しっかり水気を切ります。
  6. 鍋に〈B〉を沸かし、麺を入れて温め、器に盛り、具材をのせます。七味唐辛子はお好みで。

【疲労回復養生レシピ】山芋の落とし汁麺

【疲労回復養生レシピ】山芋の落とし汁麺

材料:2人前 【手延そば】

357kcal(一人分)

  • 手延そば 2束
  • 山芋 10cm(200g)
  • 青のり 小さじ2/3
  • しめじ 1/2株
  • 〈A〉
    オカベの万能しょうゆ 1/4カップ
    水 2・1/4カップ
  • 青ねぎ(小口切り) 適量
  • すだち(スライス) 4枚

作り方

  1. 山芋は皮をむいてすり下ろし、青のりを混ぜ合わせます。しめじは小房に分けます。
  2. 鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、手延そばを袋の表示より少し固めに茹で、流水でもみ洗いして、しっかり水気を切ります。
  3. 鍋に〈A〉としめじを入れて煮立て、1~2分煮たらしめじを取り出します。中弱火にして山芋をスプーンで落とし入れ、山芋が固まってきたら裏返し、両面が煮えたら、しめじを戻し入れます。
  4.  
  5. 別鍋に沸かしたお湯で麺を温め、湯切りをして器に入れます。③を盛り、青ねぎ、すだちを添えます。

トマト水のさっぱりだし涼麺

トマト水のさっぱりだし涼麺

材料:2人前【オカベの麺】

  • オカベの麺 2束
  • 冷やした大きめのトマト 3個
  • 塩 小さじ1/3
  • 帆立貝柱水煮缶 1缶(120g)
  • オカベの万能しょうゆ 大さじ2弱
  • 塩 適宜
  • きざみ昆布(水で3分戻したもの) 10g
  • 〈具材〉
    トマト 1個
    みょうが 2本
    塩、ごま油 各少々
    レモン(くし切り)2切

作り方

  1. 〈トマト水の下ごしらえ〉トマトをざく切りにして塩をし、5分程冷蔵庫へ入れて果汁を引き出します。ミキサーにかけてジュースにし、ザルの上にさらしを敷いて自然に水分を落とす状態にし、冷蔵庫で一晩ゆっくりと漉します。
  2. 抽出したトマト水(約1カップ弱採れる)、帆立缶の汁、万能しょうゆを合わせ、味をみて塩で調味します。
  3. 鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、オカベの麺を袋の表示通りに茹で、流水でもみ洗いして、しっかり水気を切ります。
  4.  
  5. トマトを薄切りにします。みょうがは小口切りにし、さっと水にさらした後、よく水気を切り、食べる直前に塩、ごま油で和えます。器に麺とトマト、貝柱、みょうがを盛り、だしを注いで、レモンを絞ります。


※麺はほっと麺になります。

山形だしぶっかけ

山形だしぶっかけ

材料:2人前

370kcal(一人分)

  • オカベ の麺 2束
  • きゅうり 1本
  • なす 1/2本
  • オクラ(板ずりしたもの) 4本
  • 大葉 4枚
  • みょうが 2個
  • きざみ昆布(水で3分戻したもの) 10g
  • 〈A〉
    オカベの万能しょうゆ 大さじ1
    みりん 小さじ2
  • 〈B〉
    オカベ の万能しょうゆ 大さじ2
    水 1カップ

作り方

  1. 野菜類を3〜4mm大に粗く刻み、きざみ昆布、〈A〉を混ぜて、冷蔵庫に1時間程入れておきます。
  2. 鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、オカベ の麺を袋の表示通りに茹で、流水でもみ洗いして、しっかりと水気を切ります。
  3. 〈B〉を合わせてつゆを作ります。
  4.  
  5. 器に麺を盛り、①をのせ、つゆを注ぎます。

夏野菜の洋風冷麺

夏野菜の洋風冷麺

材料:2人前

541kcal(一人分)

  • オカベの麺 2束
  • トマト 2個
  • セロリ 1/3本
  • パプリカ(赤、黄) 各1/2個
  • なす 1本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 〈A〉
    にんにく(すりおろし) 1/2片
    洋風スープの素 大さじ1
    塩 小さじ4/5
    オリーブオイル 大さじ3
    ローリエ(あれば) 1枚
  • 塩、粗挽こしょう 各少々
  • イタリアンパセリ 適量

作り方

  1. トマトはひと口大に、セロリは小口の薄切りに、パプリカ、なすは5mm幅の細切りに、玉ねぎは薄切りにします。
  2. 耐熱ボウルに①、〈A〉を入れて混ぜ合わせ、ラップをかけて10分程置きます。電子レンジ(500w)に入れて約10分加熱し、味をみて、塩、こしょうで味を調え、熱が冷めたら冷蔵庫で冷やします。
  3. 鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、オカベ の麺を袋の表示通りに茹で、流水でもみ洗いして、しっかり水気を切ります。
  4.  
  5. 麺の上に②を盛り付け、イタリアンパセリを添えます。

ページトップへ